カレンダー
 2021年5月 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
今 日 : 000011
昨 日 : 000017
累 計 : 153515

from 2008/6/1
事務局便り
令和2年度 暁霞会総会議事録

令和2年度 暁霞会総会議事録

日時 令和2年3月3日(水) 11:00〜12:00
場所 広島大学大学院保健学科棟 203講義室
出席者 高橋真(会長)、藤本紗央里(副会長)、石附智奈美、加澤佳奈、金子史子、黒瀬智之、中川慧、村上真理、山崎智子、寺本千恵、恒松美輪子、岩本義孝、伊達翔太(書記)(敬称略)

【報告事項】
1.令和2度事業報告
 全体及び各専攻の事業報告があった。昨年度と比し入会率が減少。新規入会を促す対応を検討する。

2.会計
 全体及び各専攻の会計収支決算報告があった。
・看護学専攻では、卒後教育支援、キャリア支援事業として予算計上したが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった。
・理学療法学専攻では、キャリア支援事業として講演会を開催した。
・作業療法学専攻では、今年度は事業の実施はなかった。

【議題】
1.令和3度事業計画案について
1)全体の事業計画
 ・全体の事業について、説明があり、承認された。
 ・保健学科創立30周年記念式典(仮)の案内を総会案内と同封して送付する案があったが、今後検討することとなった。

2)各専攻の事業計画
 ・看護学専攻では、令和2年度と同様に卒後教育支援、卒業生へのキャリア支援の事業費が計上し、承認された。事務費について、連絡網作成等の事業委託を計上し、承認された。
 ・理学療法学専攻は、今年度と同様、同窓生への向けたキャリア支援等を計画していることを報告し、承認された。
 ・作業療法学専攻は、キャリア支援等の事業を今後計画の検討することを報告し、承認された。

2.役員改選について
 暁霞会同窓会会則第3章組織 第7条2 に基づき、次年度より、寺本先生、岩本先生が事務局に就任することが承認された。

3.保健学科創立30周年記念式典(仮)について、2022年8〜9月頃の開催時期など、保健学科長の指揮のもと今後検討することとなった。

4.本会の活動報告等やお知らせ等を会員へ周知の方法を検討することとなった。
2021-03-03

令和2年度 暁霞会総会開催のお知らせ

日時 令和3年3月3日(水)11:00から
場所 広島大学大学院保健学研究棟203号室
   (広島市南区霞1丁目2-3)

新型コロナウイルス感染症対策を講じて実施いたします。
   

2021-02-09

オンラインオープンキャンパス動画をご覧ください

オンラインオープンキャンパスで各専攻の動画を配信しています。卒業生の皆様も母校の今をぜひご覧下さい

https://open.campus.hiroshima-u.ac.jp/gakubu/med/
2020-08-24

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う応急学生支援金について

令和2年6月15日17時まで 応急学生支援金を募集します。

現在,窮地に立たされている学生に対し,本学としてできる限りの援助をしていくため,広島大学基金の枠組みを活用して支援金を募ることといたしました。
既に学内教職員を対象に募集を開始しておりますが,できる限り多くの学生に援助するため,本学同窓生や元教職員をはじめ,本学学生を応援いただく皆様にもご支援いただけたら幸甚に存じます。出費多端な折誠に恐縮でございますが,何卒こご賛同くださいますようお願いいたします。

広島大学長 越智 光夫

https://www.hiroshima-u.ac.jp/yakudou/news/57672

お問い合わせ先 広島大学基金室
TEL: 082-424-6132
E-mail: kikin@office.hiroshima-u.ac.jp
2020-04-28

令和元 年度 暁霞会総会議事録

日 時  令和2年3月4日(水) 11:00〜12:15
場 所  広島大学大学院保健学科棟 301 講義室
出席者  宮口英樹 (会長)、関川清一 (副会長)、藤本紗央里 (副会長)、石附智奈美、 角甲純、 加澤加奈、金子史子、黒瀬智之、高橋真、伊達翔太、中川慧、村上真理、山根伸吾、山崎智子、恒松美輪子 (書記 50 音敬称略)

報告事項
1. 令和元 年度事業報告
全体及び各専攻の事業報告がなされた。
・看護学専攻では、卒後教育支援として訪問看護師等を招聘し講演会を、 キャリア支援事業として助産師・保健師・養護教諭対象の講習を開催した。また、2000年度卒業生の同窓会支援を実施した。
・理学療法学専攻では、キャリア支援事業として講習会を開催する予定であったが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった。
・作業療法学専攻では、今年度は事業の実施はなし。
2. 令和元年度 会計報告(資料配布)
全体及び各専攻の会計収支決算報告がなされ、承認された。

議題
1. 令和 2 年度事業計画案について
1) 全体の事業計画
・全体の事業については、令和元年度と同様の事業計画を実施することに加え、広仁会館老朽化に伴う維持管理費を寄付することが承認された。
2) 各専攻の事業計画
・看護学専攻は、令和元年度と同様に、卒後教育支援、卒業生へのキャリア支援では 助産師、保健師、養護教諭を対象に 実施する予定であることが報告された。
・理学療法学専攻は、同窓生を対象とした キャリア支援を計画している旨報告された。
・作業療法学専攻は、キャリア支援等の事業を、今後の計画として 検討する旨報告された。

2. 令和 2 年度予算案について(資料参照)
広仁会館への寄付追加により、予算案の予備費が修正され、来年度の予算が 承認された。

3. 広島大学創立 75 周年記念事業(広島大学が躍動し広島の地を活性化させる基金 について宮口会長より、標記事業の進捗状況について説明があり、今後、申し出 があった場合、 同窓会として協力していくことが依頼された。

4. 同窓会費の徴収方法 について
現在、同窓会の入会案内・ 会費 徴収は 卒業修了する時点で実施している が、 学生の経済的負担等の理由から、年々、加入率が減少 している 。 この改善策として、入学時に保護者から他の経費とあわせて一括徴収する方法が提案されたが、 卒業 するまで在籍状況を管理する など、現行より 事務 作業が煩雑になる可能性が意見として出された。 本件については、継続審議とし、各徴収方法の メリットとデメリットを十分考慮した上で、今後の対応方針を決定することになった。

5. 会則の変更について
大学院の名称変更に伴い、会則 を修正することが 承認された。

6. 役員改選について
次年度より、 会長 宮口教授の後任として、高橋教授が就任することが 承認された。
山根助教の退任に伴い、伊達助教が事務局に就任することが承認された。
2020-03-19

令和元年度 広島大学・広島市訪問看護師養成事業[基礎研修][看取り・緩和ケア研修]の受講者を募集します

広島市からの委託を受け、広島大学大学院医系科学研究科 附属先駆的看護実践支援センターでは、これから訪問看護師になろうとする人を対象とした「在宅医療に従事する訪問看護師養成研修(基礎研修)」、すでに訪問看護ステーションに勤務している看護師を対象とした看取りの技術を向上させる「訪問看護技術(看取り・緩和ケア)向上研修(看取り・緩和ケア研修)」を開催します。

高齢化の進展と地域医療構想に基づく病床削減等により在宅ケアのニーズが拡大することを見据え、在宅医療に従事する訪問看護師の量的拡充と、在宅看取りまでを支えることのできる訪問看護師の育成を並行して進めていくことを目的としています。

将来、訪問看護ステーションに就職を希望される方、訪問看護に関心のある方は是非お申し込み下さい。
研修内容:訪問看護師として必要な知識を身に付ける講義(座学):2日間
     訪問看護事業所での実習(同行研修):3日間

受講対象者
<一般用>
看護師としての実務経験はあるが、訪問看護の経験のない者
※ 原則として、広島市又は安芸郡の医療機関等に勤務している者、
もしくは、今後広島市及び安芸郡の訪問看護事業所で勤務する予定の者  
<学生用>
将来、広島市又は安芸郡の訪問看護事業所で働いてみたい看護学生
※ 看護師・准看護師の免許を持たない看護学生の方は、講義のみとなります。
※ 応募多数の際は、看護師として勤務されている方を優先いたします。
  あしからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

講義日:令和元年 11月23日(土) 9:00〜16:45
         11月30日(土) 9:00〜16:15

講義場所:広島大学保健学研究棟内(広島市南区霞1丁目2−3)
 ※霞キャンパスへの交通アクセスのページ

実習日:講義受講後〜令和2年2月末  計3日間 (免許保有者のみ)
    (実習日は、希望日を踏まえて協力訪問看護事業所と調整します)

実習場所:広島市又は安芸郡の訪問看護事業所

振り返り:実習終了後に集合形式で振り返りを行います(日程は調整中)

受講料:無料

募集人数:30人(先着順:一般、学生 合計)

申込方法:以下の事項をFAXもしくはメールでお知らせください。
(共通事項)
 1.氏名 2.連絡先(住所、電話番号、メールアドレス) 3.年齢
(一般用)
 4.看護師経験年数 5.訪問看護経験の有無(年数) 6.勤務先事業所名
(学生用)
 4.看護師・准看護師の免許番号(免許保有者のみ) 5.在学校名・学年

申込締切:11月15日(金)

【お問い合わせ・申込先】
〒734-8553 広島市南区霞1−2−3
広島大学大学院医系科学研究科附属先駆的看護実践支援センター
担当:伊藤
電話&FAX:082-257-5369 
メールアドレス: houmon(AT)hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は半角@に置き換えてください。
2019-10-24

平成30年度 暁霞会総会 議事録

日時 平成31年3月6日(水) 11:00〜12:00
場所 広島大学大学院保健学科棟 301講義室
出席者  宮口英樹(会長)、関川清一(副会長)、藤本紗央里(副会長)、石附智奈美、加澤加奈、金藤亜希子、黒瀬智之、新宮美穂、高橋真、恒松美輪子、山根伸吾、山崎智子(書記) (50音敬称略)

報告事項
1. 平成30年度事業報告
  全体及び各専攻の事業報告がなされた。
 ・看護学専攻では、CNSの方を招いての講習会を開催。キャリア支援事業として、助産師・保健師・養護教諭対象の講習を開催。同窓会支援は今年度の実施なし。
 ・理学療法学専攻では、キャリア支援事業として講習会を開催。
 ・作業療法学専攻では、今年度は事業の実施はなし。平成27年度に当該年度の決算報告への記入が漏れていた項目があったため、平成30年度の決算報告に記載した。
2. 平成30年度会計報告(資料参照)
・ 全体及び各専攻の会計収支決算報告がなされ承認された。

議題
1. 平成31年度事業計画案について
1) 全体の事業計画
 ・全体の事業については、平成30度と同様に実施することが承認された。
2) 各専攻の事業計画
 ・看護学専攻は、卒業生へのキャリア支援では平成30年度と同様に、助産師・保健師・養護教諭について実施する予定であることが報告された。
 ・理学療法学専攻は、同窓生への向けたキャリア支援を計画している旨報告された。
 ・作業療法学専攻は、キャリア支援等の事業を今後計画の検討する旨報告された。
2. 平成30年度予算案について(資料参照)
資料の通り承認された。
3. 親和会の暁霞会への統合について(資料参照)
宮口会長より、親和会の暁霞会への統合の検討することとなった経緯について説明され、継続審議となった。
4. 名簿利用について
個人的な研究での名簿利用は不可とすることが確認された。
5. 役員改選について
次年度より、看護の会計の橋野助教の代替として角甲助教が就任することが承認された。金藤助教の退任に伴い、恒松講師が事務局に就任することが承認された。
現在、事務局に看護および作業療法の役員はいるが、理学療法の役員はいないため、理学療法学専攻の高橋講師が就任することが承認された。全体会計には、中川助教が就任することが承認された。
2019-08-01

平成29年度 暁霞会総会 議事録

平成29年度 暁霞会総会議事録


日時 平成30年3月7日(水) 11:00〜12:00
場所 広島大学大学院保健学科棟 301講義室
出席者 宮口英樹(会長)、関川清一(副会長)、藤本紗央里(副会長)、石附智奈美、金藤亜希子、高橋真、高濱明香、恒松美輪子、福島紗世、舩場友木、山崎智子、山根伸吾、金子史子(書記) (50音敬称略)

報告事項
1. 平成29年度事業報告
 全体及び各専攻の事業報告がなされた。
全体の事業として講演会を開催。
看護学専攻では、キャリア支援事業として、助産師対象及び保健師対象の講習を開催。養護教諭対象のキャリア支援については今年度の実施なし。同窓会支援は今年度の実施なし。
理学療法学専攻では、キャリア支援事業として講習会を開催。
作業療法学専攻では、キャリア支援事業として講演会を開催。

2. 平成29年度会計報告(資料参照)
全体及び各専攻の会計収支決算報告がなされ承認された。

議題
1. 平成30年度事業計画案について
1) 全体の事業計画
全体の事業については現在のところ未定。今後、検討していくこととなった。

2) 各専攻の事業計画
看護学専攻は、卒業生へのキャリア支援ではCNSの方を招いての講習会開催を計画している。また、養護教諭対象のキャリア支援は今年度事業がなかったため、平成30年度は遠方からも講師を招聘するなど大規模に実施する予定。また、同窓会企画への支援を計画している旨報告された。
理学療法学専攻は、同窓生への向けたキャリア支援を計画している旨報告された。
作業療法学専攻は、同窓生へのキャリア支援を計画している旨報告された。

2. 平成30年度予算案について(資料参照)
  以下の点について修正した後、承認された。
利息については近年の金融情勢を踏まえて減額する。
学会支援費については保健学学会がなくなったこともあり、15万円から10万円に減額する。
オリエンテーションキャンプに対する寄付金は減額せず、現行の金額(5万円)とする。
保健学科の教育の国際化のための寄付(保健学基金)として、年間20万円計上する。

3. 謝金規定について(資料参照)
資料の通り承認された。

4. 保健学基金への寄付について(資料参照)
年間20万円を数年間にわたって支援することが承認された。

5. 役員改選について
次年度より、舩場助教、福島特任助教の退任に伴い、加澤助教が監事、高濱助教が会計に就任することが承認された。
2018-04-09

講演会について

テーマ「発達障害児・者の支援における教保工連携」

日時:平成29年11月4日 15時00分〜17時00分
場所:広島大学医学部保健学科 203講義室
目的:教育・保健医療・工学領域の三者の連携の促進
参加費:無料
対象:発達障害児・者の支援に関心のある教員、保健医療関係者、工学関係者
内容:田中裕一氏(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 
特別支援教育調査官)
日詰正文氏(厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課 
障害児・発達障害支援室 発達障害対策専門官)
両氏による講演と参加者とのディスカッション

申し込み:akatsuki-kouenkai@hiroshima-u.ac.jp (担当:車谷)
2017-10-12

平成28年度 暁霞会総会 議事録

平成28年度 暁霞会総会議事録

日時 平成29年3月1日(水) 11:00〜12:00
場所 広島大学大学院保健学科棟 301講義室
出席者 宮口英樹(会長)、関川清一(副会長)、石附智奈美、金子史子、藤本紗央里、黒瀬智之、福島紗世、山根伸吾、金藤亜希子(書記) (50音敬称略)

報告事項
1. 平成28年度事業報告
1) 全体の事業報告がなされた(資料参照)。卒業生数の増加に伴う委託料の変更があれば、29年度予算計画を検討する必要がある旨の意見が出された。

2) 各専攻より事業報告がなされた(資料参照)。
・看護学専攻は、卒業生を招聘して助産師及び保健師のキャリア支援を行った。また、周年同窓会企画に対する要望調査を目的に各期の同窓会支援を行った。
・理学療法学専攻は、講師を招聘した際の講演会への支援を行った。
・作業療法学専攻は、教育・交流支援を行った。

2. 平成28年度会計報告(資料参照)
会計収支決算報告および会計監査報告がなされ、内容を検討した後承認された。

議題
1. 平成29年度事業計画案について(資料参照)
1) 全体の事業計画(資料参照)
・関川副会長より提案された特別講演会の企画(資料参照)について検討し、全体の事業費の使用が承認された。講師謝礼金額について、暁霞会で単価基準を検討することとなった。
・保健学科長より国際化に向けて学科に限定した寄付の依頼(資料参照)に対し、使途に関する報告書の提出を依頼したうえで応じることが承認された。
・上記寄付金の支出に伴い、オリエンテーションキャンプに対する寄付金を減額することが承認された。

2) 各専攻の事業計画(資料参照)
・看護学専攻は、看護師、助産師、養護教諭、保健師の卒業生へのキャリア支援と共に、同窓会企画への支援の計画が報告された。
・理学療法学専攻は、同窓生及び学部生に向けたキャリア支援を計画している旨報告された。
・作業療法学専攻は、同窓生へのキャリア支援を計画している旨報告された。

2. 平成29年度予算案について(資料参照)
事業計画に伴い、特別講演会による事業費及び保健学科への寄付による予備費が修正された。

3. 役員改選について
・次年度に向けて役員の改選案が行われた。
2017-03-03