歴史ある所沢高等学校
1.英和学舎・ 和英学舎・ 和英学校
明治31年(1898)
6月

「英和学研究者ニ告グ」との開塾の檄文発表

 
7月

1日、入間郡内初の中等学校「共立英和学舎(私塾)」が所沢の医師・白井要作邸で産声をあげる。
学校立ち上げは、所沢の有力者の熱意・努力と資金的援助により開校。
主たる教育内容は、英語と漢学であった。
教授者として、川越城主の家臣を祖にもつ、高松太喜次(東京専門学校<早稲田大学>・東京法学院<中央大学英語法学科>卒業)を招へいする。
※高松は以後約30年にわたり実質的校長として指導にあたる。

明治32年(1899)
4月

学校名を「共立和英学舎」と改称して開校する。
校舎も所沢の中心地に建設され、当時の埼玉県知事・正親町実正氏を招いて、盛大に開校及び校舎落成記念式典が挙行される。

明治33年(1900)
12月

年末試験が開始される。(当時の在籍者数46名)

明治34年(1901)
5月

埼玉県知事から私立学校の設立が認可がされ、学校名を「私立和英学校」と改称する。
(当時の修業年限3年、入学資格12歳以上または高等小学校2年終了の者)
文部大臣から高松太喜次に対し、 本校教員(校長)の認可がおりる。

明治36年(1903)  

「校友会」発足・「校友会報」発刊

英和学舎の設立にかかわった人たち 私立和英学校修業証書

英和学舎の設立にかかわった人たち
左から校医の石川元郎、設立者の一人小澤綾助、
舎主の高松太喜次

 明治36年3月 私立和英学校修業証書
 (高橋常雄氏所蔵)
  TOPへ戻る
Copyright(C)Tokorozawa High School. All rights reserved.