歴史写真館
(5)所沢実科高等女学校・所沢高等女学校の時代
大正5年〜昭和23年(1916〜1948)
実科高女校舎 正門から見た移設された所沢実科高等女学校
実科高女校舎(御大典記念館を校舎とした)
円内は吉川与一校長(昭和4年)
正門から見た移設された所沢実科高等女学校
(昭和8年)

「質素健実卜温順貞淑」「家庭及ビ社会トノ調和及ビ向上」を建学の理念に、
大正5年4月、修業年限を2年とした「所沢実科高等女学校」が創立されました。
開学当初は教師陣、施設ともに不完全で、生徒募集にたいへん苦労したと伝えられています。
また、教育課程は、当時の社会状況を反映してか、その6割を裁縫が占めていました。

所沢実科高等女学校 第1回卒業生
所沢実科高等女学校 第1回卒業生(大正7年3月24日)
所沢小学校の校庭で
昭和4年頃 所沢小学校の校庭で「肋木(ろくぼく)」を使って体操の授業

生徒が集まらず、高等女学校昇格も頓挫。
昭和の初めは困難が続きますが、昭和7年には校舎を移転。
制服の採用などの取り組みから次第に評価は高まり、
昭和18年4月、長年の夢であった「所沢高等女学校」への昇格が実現します。
しかし、戦時色は強まり、生徒たちには厳格な学校生活が待っていました。

運動会で薙刀の演技
所沢実科高等女学校 運動会で薙刀の演技を披露(昭和12年)
  戻る TOPへ戻る 進む
Copyright(C)Tokorozawa High School. All rights reserved.