ようこそ、兵庫県立大学母性看護学領域へ!
今日:
昨日:
総数:
from 2010/ 4/30
大学院教育
大学院教育
 大学院博士前期課程(修士課程)では、高度実践看護コース(CNSコース)と研究コースを設けています。
 高度実践看護コースでは、移行期の概念を基盤とし、生産年齢にある女性や家族が遭遇する健康問題に対し、効果的に支援できるよう看護援助に必要な諸理論を学び高度な能力を修得することを目指しています。
 研究コースでは、生産年齢にある女性や家族が遭遇する健康問題に関する知識を広く得て、移行期の概念や看護の理論を背景に母性の健康問題や看護の課題に取り組む能力を修得することを目指しています。
【過去の修士論文テーマ】

 大学院博士後期課程(博士課程)では、人の健康や病に関する反応を看護学的視点で理論化し、健康や病に取り組む人間の力や専門的介入方法(療法)について研究、開発を行うことのできる能力を修得することを目指しています。 また、看護が対象のコラボレーションによって相互に発展していくための技術開発によって蓄積した知識を基盤に、看護におけるケア技術学の体系化に貢献できる人材を育成することを目的としています。
【過去の博士論文テーマ】