メインメニュー
カレンダー
 2020年12月 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
今 日 : 000032
昨 日 : 000037
累 計 : 564021

from 2007/5/1
会長挨拶・組織・会則
 
第66回近畿鴻峰会総会・懇親会中止のお知らせ
     
  

近畿鴻峰会会員各位
                 第66回近畿鴻峰会総会・懇親会中止のお知らせ

いつも近畿鴻峰会の維持、活動にご協力いただき、ありがとうございます。
近畿鴻峰会の会員の皆様には大事ございませんか。
この書面は、新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、全都道府県に対して緊急事態宣言が発出されたことを受けて、書いております。
同封しております「会報」では、今年の近畿鴻峰会総会・懇親会の開催と出席を呼び掛けておりますが、「会報」作成後、感染拡大、緊急事態宣言が発令された状況を鑑みまして、今年7月5日に開催を予定しておりました第66回近畿鴻峰会総会・懇親会の開催を急遽中止することといたしました。
通常であれば、この決定は幹事会で決議すべきところですが、会って話をすることを避けるべき今の状況で、緊急を要することですので、初めての試みとして、インターネットを使ったテレビ会議での常任幹事会を開催し、決議いたしました。総会開催の中止に伴い、総会において審議予定であった議案(2019年度事業報告、収支決算報告、2020年度事業計画、収支予算等)につきましては、今後、幹事会による書面評決することにいたします。
これらの議案書は近畿鴻峰会のHPに掲載する予定ですので、ご覧ください。またもろもろの事業計画、活動計画の詳細についても、近畿鴻峰会のHPに随時掲載していきますので、ご覧くださいますようにお願いします。
本来、議案等の議決は総会ですべきことであり、幹事会による書面評決するということは誠に申し訳ないのですが、現在の緊急事態宣言下でのやむに已まれぬ処置であることをご理解賜りますようにお願いいたします。

皆様、今後とも新型コロナウィルス感染にはくれぐれもご注意いただき、お元気にお過ごしください。
来年の近畿鴻峰会総会・懇親会開催時におきましては皆様のお元気なお顔を見せていただきますよう、役員・幹事一同心待ちにしております。

令和2年4月20日
                                            近畿鴻峰会会長 馬場 久枝







 
山口高校150周年節目の年を迎えて
     
会長 馬場久枝(74期) 

2020年も、すでに1ヶ月が過ぎました。
節分・立春を迎え、その後の世相は、オリンピック一色になるのかと思っていたのですが、今はコロナ・ウィルス一色に染まっているような昨今です。
皆様、健康チェックは大丈夫ですか。
健康には充分に気をつけていただき、元気に春を迎えましょう。
ところで、近畿鴻峰会の総会も今年は第66回となり、令和になってからは2度目となります。もっとも、昨年の令和は年度の途中からでしたので、1年間を通しての令和としては今年が最初とも言えます。
令和になって総会について何か変わったか、と考えてみましたが、特別に変わったことはありません。ただ、私の気持ちの中で、毎年、皆様のご協力の下に、山口高校の同窓生が集まり、楽しいひと時を過ごす、というこの貴重な総会の時間を、令和になろうとも、いつの時代になろうとも継続していくことが重要である、と改めて思った次第です。
さて、先日、新年幹事会が開催され、今年の総会に向けての準備事項等を確認いたしました。今年は、オリンピックもあることから、普段は7月の第2日曜日に設定しております総会の日を第1日曜日の7月5日にしております。従いまして、総会の案内状も例年より若干早く皆様のお手元に届くことになろうかと思います。
山口高校も、今年は150年の節目となる記念の年です。
この記念の年に、皆様奮って近畿鴻峰会の総会に元気にご参加のほどお願いいたします

 
 
     
  

                                         
令和元年度近畿鴻峰会役員・幹事名簿
■役員
会 長馬場 久枝(74期)
副会長岡田   満(76期) 
名誉顧問二井 関成(67期 同窓会会長)栗林 正和(校長)
顧問 飯田 興紀(64期) 三木健次郎(67期)
諏訪 米鵝68期) 赤瀬 公洋 (73期)
幹事長 田原 幸夫(81期)
副幹事長 清水 浩行(89期) 田上  洋(90期)
藤井  豊(96期)
会計齋藤 直美(68期) 清水 浩行(89期)
会計監査長田   稔(88期)
事務局長 三木健次郎(67期)
事務局長代理 山川   清(73期)
特別幹事 市原 都子(86期 同窓会事務局長)
■常任幹事
         
書記幹事 高橋   緑(76期)
会報委員長 岡田   満(76期)  
名簿委員長・副委員長 山川   清(73期) 小坂 亮二(81期) 田坂奈美子(85期)
総会準備委員長・副委員長 田原 幸夫(81期) 齋藤 直美(68期)
総会準備委員 高橋   緑(76期) 田坂 昭弘(80期) 津森   勉(83期)
竹本   勉(85期)田坂奈美子(85期) 河崎泰二郎(88期)
親睦会活動委員長・副委員長 岩佐 善雄(77期)河崎泰二郎(88期)
      ゴルフ会幹事 岩佐 善雄(77期) 平田   聡(72期)
      一木会幹事 南   正晴(72期) 齋藤 直美(68期)
      自然に親しむ会幹事山川   清(73期) 
■期幹事
 59期 井上 博之 松山 道生
 60期 江藤  到
 62期 武田 健三
 63期 中村 利治  
 64期 原  洋二 松永  勝 北村 健夫
 65期 豊田 国晴
 66期 寺戸 玲二 山下 巧
 67期 植松  浩 土井 輝滿 橋本 洋之
 68期 諏訪 米 豊田 克正 齋藤 直美
 69期 吉岡  淳
 70期 齊藤 一夫 森近  勝
 71期 林  義和
 72期 中村 英夫 平田 聡 藤本 春紀 南  正晴
 73期 赤瀬 公洋 田村 博志 山川  清
 74期 工藤 義夫 原川修一郎 馬場 久枝
 75期 澄川 史郎
 76期 伊藤 智博 岡田  満 高橋  緑
 77期 岩佐 善雄 清水 文雄
 79期 吉岡  毅
 80期 田坂 昭弘
 81期 小坂 亮二 松原 武夫 田原 幸夫
 82期 光永  修
 83期 津森  勉
 84期 江藤  誠 品川 康彦
 85期 竹本  務 玉城 博行 田坂奈美子 鎌田 邦彦
 87期 水木 次郎
 88期 長田  稔 河崎泰二郎
 89期 清水 浩行
 90期 蔵原  潮 田上  洋
 91期 宮崎 健二
 92期 高木 俊之 坪郷  尚
 93期 大中 知佳
 94期 宮原 寿朗
 96期 藤井  豊
105期 佐々木 治
108期 中村 浩子
110期 山口  慧
112期 杉山 雄大
113期 河村実希子

 
 
     
  

 
会則
(名 称)
第1条 本会は、近畿鴻峰会と称する。

(目 的)
第2条
 第1項 本会は、近畿地区に在住する同窓生相互の親睦を深めるとともに、母校の諸事業を支
     援することを目的とする。
 第2項 近畿地区の範囲は、内規で定める。

(会 員)
第3条
 第1項 会員とは、近畿地区に在住する下記(1)または(2)に該当する者とする。
   (1)以下の学校を卒業した者
     山口県立山口中学校,山口商業学校,山口県立商業学校,
     山口県立山口工業学校,山口県立山口第二高等学校,
     山口県立山口東高等学校,山口県立山口高等学校
   (2)上記の学校に在学していた者で本会に入会を希望し、かつ本会の幹事会で承認を得た者。
 第2項 維持会員
   第1項の会員のうち、年会費を納入した者。
 第3項 特別会員
   (1)母校の現旧職員で入会を希望される者。
   (2)近畿地区在住の功労者で、本会の幹事会の推挙を得た者。
   (3)近畿地区から他地区に転居したが、希望しかつ幹事会で承認した者。

(役 員)
第4条 本会は、次の役員を置く。
     名誉顧問
     会長
     副会長
     幹事長
     副幹事長
     事務局長
     事務局長代理
     顧問
会計
     会計監査
     特別幹事

(幹事会)
第5条 幹事会の構成ならびに役務は次のとおりとする。
 第1項 各期幹事で幹事会を構成する。
 第2項 幹事会は幹事長が必要に応じて招集する。
 第3項 幹事会は、当該年度の総会開催日までの暫定予算を決定し、執行する。
 第4項 幹事会は、前項に規定するもののほか、会務処理に必要な事項を審議し決定する。

(事務局)
第6条 事務局の構成ならびに役務は次のとおりとする。
 第1項 事務局は事務局長が指名した者で構成する。
 第2項 事務局員は事務局長の指示に従い会務を担当し処理する。

(会 計)
第7条 本会の会計については次のとおりとする。
 第1項 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 第2項 本会の運営経費は、会員の納入する会費、事業収入および寄附金その他雑収入をもっ
      てこれに充てる。
 第3項 会費は、年額3,000円とする。
 第4項 本会は、会員その他篤志家より寄付を受けることができる。

(会 議)
第8条 本会は、次の会議を設ける。
 第1項 (1)定例総会
       (2)臨持総会
       (3)幹事会
       (4)事務局会議
 第2項 各会議の開催手続き、時期等については内規に定める

(活 動)
第9条  本会は、会員相互の親睦を深めるため各種の行事および活動を行う。
     行事、活動内容、方法については、内規に例示する。

(内 規)
第10条  本会則の詳細、あるいは運用するために必要な事項、方法、手続きについては内規で定める。

(雑則)
第11条 1.本会則は,総会において出席会員の過半数の同意を得て制定、改定することができる。
      2.本会則は,制定および改定と同時にその効力を生じるものとする。


(平成6年7月7日改正)
(平成15年7月27日改正)
(平成17年7月17日改正)
(平成27年7月12日改正)
(平成27年7月12日改正)
(平成29年7月 9日改正)
(平成30年7月 8日改正)
(令和元年7月 7日改正)

 
     
 

   
内規
第1.趣 旨
   この内規は近畿鴻峰会会則を運用するために、必要な事項を定める。

第2.目 的
   1.会員が参加する行事・活動を通じて、会員相互の親睦を深めあうこと。
   2.会員が相互に自分の有する知的資産を活用・利用しあい相互扶助の実を挙げられるよう
     努めあうこと。
   3.母校と連絡を保ち後進を導き、母校の諸事業を支援すること。

第3.会 員
   1.会 員
        (1)会員は以下(ア)〜(キ)の7校を卒業し、又は(ク)に記載の要件に該当の近畿地
          区に在住する者とする。
          なお、近畿地区とは、愛知県以西から岡山県以東までの地域とし、構成府県は、
          愛知、三重,岐阜,富山,石川,福井,滋賀,奈良,和歌山,京都,大阪,兵庫,
          岡山及び鳥取の各府県とする。
           (ア)山口県立山口中学校
           (イ)山口商業学校
           (ウ)山口県立商業学校
           (エ)山口県立山口工業学校
           (オ)山口県立山口第二高等学校
           (カ)山口県立山口東高等学校
           (キ)山口県立山口高等学校
           (ク)上記(ア)〜(キ)の学校に在学していた者で入会を希望し、かつ本会の幹
              事会の承認を得た者
        (2)会員は本会が主催する各種の行事に参加することができる。
   2.特別会員
        近畿地区から他地区に転居した者が希望し、幹事会で承認した場合は、同人を
         特別会員とする。
   3.維持会員
        (1)会員のうち、年会費を納入した者を維持会員とする。
        (2)維持会員は
           (ア)本会の総会に出席し議決する権利を有する。
           (イ)本会の会報の頒布を受けることができる。

第4.役員と役割
   本会は、役員の定員と役割について、下記のように定める。
   1.名誉顧問
        (1)名誉顧問は、本部同窓会会長及び校長にご就任をお願いする。
        (2)名誉顧問には、本会の活動に対し提言や助言をいただき指導と助成を行ってい
          ただく。
   2.会長 1名
        (1)会長は本会を代表する。
        (2)会長は本会の総会を招集する。
        (3)会長は本会の年度運営基本方針を決定する。
        (4)会長は母校同窓会・各地区同窓会および本会が招請を受けた会合や各種行事に
          本会を代表して出席・参加する。
   3.副会長 若干名
        (1)副会長は会長を補佐する。
   4.顧問 若干名
        (1)本会の財政援助をお願いする。
           期間を定め寄付・広告費等の財政援助の支援をあおぐ。
        (2)本会の諸活動の指導をお願いする。
          期間を定め、本会の広報活動・財政改善方法や懇親活動・事業活動・会報編集業
          務・名簿管理・名簿発行業務等々についての具体的な指導と助成をあおぐ。
   5.幹事長 1名
        (1)幹事長は本会の会務を統括する。
        (2)幹事長は幹事会を招集し会議を主催する。
   6.副幹事長 若干名
        (1)副幹事長は幹事長を補佐する。
        (2)副幹事長は次期幹事長候補者がその任につく。
        (3)幹事長期の幹事が幹事長代行として副幹事長に就任することはこれを認める。
   7.事務局長 1名
        (1)事務局長は事務局員を選任する。
        (2)事務局長は事務局員を率い本会の会務の執行に当たる。
   8.事務局長代理 若干名
        (1)事務局長代理は、事務局長を補佐し、会務の執行に当たる。
   9.会計監査 1名
        (1)会計監査は任意の者1名が就任し会計の監査にあたる。
   10.特別幹事 1名
        (1)母校同窓会の事務局長に就任をお願いし、母校同窓会との連絡にあたっていた
          だく。
第5.幹事会
   1.各期幹事で幹事会を構成する。
        (1)各期幹事は各期毎に1名以上とする。
        (2)各期幹事は幹事会に出席し討議に参加する。
        (3)各期幹事は幹事会で与えられた任務・業務を分担する。
   2.幹事会は幹事長が必要に応じて招集する。
   3.幹事会は会務処理に必要な事項を審議し決定する。
     決定は出席幹事の過半数の賛成を要する。幹事長が重要事項と認めた事項の決定は出
     席幹事の3分の2の賛成を要する。
   4.幹事会は会務処理に必要な各委員会を設置し、各委員を選び、委員長を互選し幹事長が
     委嘱する。
   5.幹事会に事務局長および事務局の担当者が出席し、資料の提供等幹事会の事務局を
     努める。
   6.幹事会は幹事以外の役員(会長・副会長・顧問等々)と会員の出席と発言は歓迎しこれを
     認める。
     ただし、幹事会の決定は幹事の責任(各期1票)においておこなう。

第6.事務局
   1.事務局は、各期幹事および役員の中から事務局長が指名した者、若干名で構成する。
   2.事務局員は事務局長の指示に従い、会務をそれぞれが分担担当し、処理する。
   3.事務局内に、可能な限り下記の業務別に担当者を各若干名ずつ置き、会務処理に
         (ア)幹事会事務局担当
         (イ)会計事務担当
         (ウ)書記(日常業務処理)事務担当
         (エ)総会事務担当
         (オ)広報・会報事務担当
         (カ)親睦活動事務担当
         (キ)事業活動事務担当
         (ク)名簿管理・名簿発行事務担当
         (ケ)その他の事務担当

第7.会 計
   1.本会の会計年度は、毎年4月l日に始まり翌年3月31日に終わる。
   2.会計決算と予算の承認は、定例総会において行う。
   3.毎年4月1日から定例総会までの当年度の予算の執行は、会則第5条第3項に定めるとこ
     ろにより、暫定的に執行することができる。
   4.本会の運営経費は、会員の納入する会費、事業収入および寄附金その他雑収入をもって
     これに充てる。
   5.維持会員の納入する会費は年額3,000円とする。
   6.本会は、会員その他篤志家より積極的に寄付を受け、これを本会の事業活動を活発に推
     進する経費に充てる。

第8.会 議
   1.本会は、次の会議を設ける。
       (1)維持会員対象
         (ア)定例総会 毎年1回7月に招集する。会場はその都度幹事会で定める。
         (イ)臨時総会 会長が必要と認めたとき招集する。
       (2)各期幹事対象
         (ア)定例幹事会 4〜5月、7月総会前、8〜9月総会後、1月新年会は定例会とする。
         (イ)臨時幹事会 幹事長が必要と認めたとき、随時招集する。
       (3)事務局員対象
         (ア)事務局会議 事務局長が必要と認めたとき随時招集する。
       (4)担当幹事対象
         (ア)担当幹事会議 幹事長が必要と認めたときに随時招集する。

第9.活 動
   1.本会は、会員相互の親睦を深めるため、各種の行事および活動を積極的企画し、多数の
     会員の参加を呼びかけ、親睦の実をあげ維持会員の確保拡大に努める。
       (1)親睦活動
        講演会・各種教室(陶芸教室等)・見学会(施設・観戦)・旅行会・ゴルフ会
          (会長杯ゴルフ会・親睦ゴルフ会)・登山会・ハイキング会
       (2)事業活動
        事業収入を得るためのさまざまな活動を企画し実施する。
       (3)会報発行
       (ア)会報は年2回発行し、本会の活動状況・同窓生の動向・同期会の様子、母
           校の現状等を会員に頒布し知らせる。
       (イ)春季号は広く会員に頒布し総会・懇親会の開催を知らせ参加を呼びかける。
       (ウ)秋季号は維持会員にのみ頒布する。
       (4)名簿管理
        会員の名簿を改定・維持管理する。
       (5)会員名簿の発行
       (ア)必要に応じ作成し維持会員に頒布する。
       (イ)会員名簿を維持会員擁保策として活用する。
       (6)その他の活動
         (ア)必要に応じて企画し実施する。

第10.その他
   1.本内規は、幹事会において出席幹事の3分の2の同意を得て、変更することができ、同時
     にその効力を生じるものとする。
    2.本会の事務局は、
       (1)〒541-0059 大阪市中央区博労町3−3−7 ビル博丈7F
          大興産業株式会社社内に置く。
       (2)本会の事務局の電話は、大興産業株式会社より貸与を受ける。
          事務局の、電話番号は 06-6245-0813番とする。
          FAX番号は  06-6245-0843番とする。

(平成17年7月17日制定)
(平成23年1月17日改定)
(平成25年9月25日改定)
(平成26年5月22日改定)
(平成26年7月20日改定)
(平成28年8月27日改定)
(平成29年7月9日改定)