ようこそ、兵庫県立大学母性看護学領域へ!
今日:
昨日:
総数:
from 2010/ 4/30
教員の紹介
教員の紹介
 母性看護学領域に携わる教員は、母性看護学専攻大学院生と共にまちの保健室「女性のための健康相談室」を行っています(詳しくは、こちら参照)。これは、地域の女性が抱える健康問題/課題を明らかにするための研究の一環として行っています。女性の相談を受け、女性が抱える健康問題/課題に加え、相談を通して行われた看護や相談者に見られた反応が明らかになっています。

 また、個々の教員は、子どもを産み育てることに関連した問題/課題や、女性及びその家族の健康を支える関わりに関する研究も進めています。詳しくは、下記をご覧下さい。
工藤 美子 ・能町しのぶ ・岡邑 和子 ・福本 環
渡邉 竹美 ・宮川 幸代 
相澤 千絵 ・川村麻由香

日本母性看護学会第12回学術論文賞受賞
 兵庫県立大学看護学部母性看護学の岡邑先生が筆頭著者の研究論文が日本母性看護学会第12回学術論文賞を受賞しました。
 本研究は、母性看護学・助産師養成課程の教員ならびに母性看護専門看護師が共同で取り組んだ研究です。論文テーマは以下の通りです。興味のある方は、是非お読み下さい。

岡邑和子・槻木直子・金英仙・熊本妙子・中井愛・中山亜由美・角野美希・鎌田奈津・相澤千絵・川下菜穂子・増田秋穂・濱田恵美子・宮川幸代・工藤美子:外来通院中の切迫早産妊婦の早産予防のために行うセルフケアとセルフケア能力、日本母性看護学会誌、17(1)1-9、2017.